▲ ページの先頭へ

ワコラボKIDSのイベント

このページではワコラボKIDSのイベント情報をご紹介いたしております。

体験会「コマ撮りアニメをつくろう!」で楽しい作品ができました。

7月30日(土)ワコラボKIDS第1回体験会は、「コマ撮りアニメをつくろう!」でした。
はじめに石丸キャプテンが作ったサンプル作品を見てもらい、どんな手順で創るのかを説明。
10枚の写真、30枚の写真、100枚の写真で作った時に、それぞれどんな風にアニメーションが変わるのか、
石丸キャプテンは、体を張っちゃいましたよ!

キャプテンのサンプル画像

キャプテンのサンプル画像「雨」の一枚

 

10枚の時は、ぴょんぴょん、飛び飛びにジャンプ。
30枚の時は、トコトコ、ちょっとぎこちない歩き。
100枚の時は、マイケルジャクソンのムーンウォーク?!

子どもたちは、笑いながら納得した顔していました。
やった〜!

そして、まずは頭の中を柔らかくするためのワークにチャレンジ!
1枚のA3の紙を、いろんな形にしてみよう!
クシャクシャにしたり、ほそーくながーく手でちぎったり。
3メートルもあるへびのようにながーい形にしてくれたお友だちや、折って切ってきれいな模様を作ってくれたお友だちなど
はじめは少し戸惑い気味だった子どもたちも、どんどん乗って来ました。

へぴへびに食べられた58歳のおじさん

参加した男の子の1枚の紙でつくる作品「へぴに食べられた58歳のおじさん」

 

本番は、好きな色の色画用紙を選んで、お話を考えてから制作スタート!
一つ一つ動かしては写真を撮ります。
画角にこだわったり、背景の色にこだわったり。
みんなかなりの集中力を発揮。

1枚づつ写真を撮ります

1枚1枚根気よく写真を撮ります。

 

撮った写真は、Photoshopでアニメーションの設定をして、
再生してみると、なんということでしょう!撮った写真が動きだすではありませんか?

最後は「音」。
イメージに合うBGMや効果音を選んで、編集ソフトでムービーに合わせて音をつけたら完成です!

プロジェクターでみんなの作品を発表すると、歓声があがり、大盛り上がりでした。
みんな、自分の作品に満足してくれたようです。

作品を鑑賞するこどもたち

作品を鑑賞するこどもたち

 

こどもたちの発想力や集中力は素晴らしく、また言わなくても自ら考えたストーリーの元に
アニメーションを創っています。
ストーリーがあるから、細部へのこだわりも生まれ、自ずと集中力も生まれます。

小学生でも画像編集や映像編集ソフトを使い、ちゃんと作品を創ることができました。
次回の「デジタル動物園をつくろう」でも、たくさんのこどもたちの出会いを待っています。

保存

保存

保存

ワコラボKIDS ひらめく学校